JapaneseEnglish
ホームIR情報経営方針・企業情報 > ディスクロージャーポリシー

IR情報

ボタンを押すことでサイトの文字サイズを変更できます。

ディスクロージャーポリシー

CTCのディスクロージャーポリシー

当社グループ(当社および子会社)を正しく理解していただくために有用な情報をご提供する為のディスクロージャーポリシーを以下のように定めます。

1.情報開示における基本姿勢

当社では、東京証券取引所の定める『上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」という。)』に沿って、情報開示を行っています。また、適時開示規則に 該当しない情報についても、投資家の皆さまのご要望にお応えするため、より正確・公平・迅速な情報開示を積極的に行ってまいります。

2.情報開示の開示基準

当社では、以下の会社情報を公表すべき重要情報と位置づけております。

  • 会社法、金融商品取引法、各上場証券取引所適時開示規則等により開示が要請される情報
  • 上記に該当しない投資家の投資判断に大きな影響を与えると思われる情報

3.情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報システム(TDnet)にて公開しています。また、TDnetに公開した情報は、速やかに当ウェブサイトにも掲載することとしています。

4.沈黙期間

当社では、決算情報等の株価に影響を与える情報の漏洩を未然に防止するため、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としております。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

5.その他

  • 本ウェブサイトは、当社の業務内容、経営方針、経営戦略、財務状況等をご理解いただくための情報提供を目的としております。当社ウェブサイトのいかなるコンテンツも投資を勧める目的で掲載されてはおりません。投資に関するご判断は、利用者ご自身の責任において行われますようお願いいたします。
  • 本ウェブの掲載内容に関して、細心の注意を払っておりますが、提供している情報に不正確な記載や誤植、その他コンピュータの誤作動や第三者の不正操作による不適切な情報を含むことがあり、当社は当ウェブサイト掲載内容の正確性、有用性、確実性について一切保証するものではございません。また、掲載内容に誤りがあった場合や、データダウンロード等によって生じた損害等に関し、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
  • 本ウェブサイトの掲載内容のうち、過去の事実以外のものは、現在入手可能な情報に基づく当社判断による将来の見通しであり、経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等に係るリスクや不確実な要素を含んでいます。したがって、将来、実際に公表される業績等はこれらの種々の要因によって変動する可能性があることを予めご了承ください。
 
トップに戻る